どこでオーダースーツを仕立てるか?

命の危険を顧みなければ(冗談)、ナポリのサルトリア・ソリートでスーツを仕立てることもできますし、お金を厭わなければ、パリのチフォネリやロンドンはサヴィル・ローのギーブス&ホークスでも仕立てることができます。もちろん、日本においても老舗テーラーから中国工場製の既製品よりもはるかに安いスーツまで、さまざまなオーダースーツを作ることが可能です。

外国人の友人達に言わせると、「欧米よりも日本のほうが1人あたりのテーラーは多いんじゃない?」と・・・。この真偽の程は定かではありませんが、確かに、幅広い価格帯でオーダースーツを作ることが可能です。また、メンズファッションが低迷しているらしいのですが、オーダーメイドスーツは、百貨店などを含めて伸びているそうです。

では、どこでオーダースーツを仕立てるのかと言うと、これは支払える金額により大きく変わります。しかし、一般的に既製品スーツから買い換える場合や多くのビジネスマンが買うオーダースーツ金額(当社調査では平均約69,000円)をベースにすると、意外と限られてきます。

やはりここは日本製のスーツを作りましょう。

ロンドンの構築感のあるスーツスタイルやナポリの柔らかな羽織る着心地のスーツなど、理想的なスーツは個人の好みも含めて多様にありますが、日本に住むものとして、日本人が作る商品にプライドを持って着てもいいのではないかと思います。もちろん、スーツに使えるお金が潤沢にあったり、マニアックな服好きであれば絶対にロンドンやナポリなどの職人が作るスーツがおススメですが、残念ながら10万円以下では作ることができない現実を考えれば、日本製のオーダースーツがおススメです。

日本製のオーダースーツになると、流石に20,000円以下で作れるとことはほぼありません。もし、あるとしても職人さんにかなり無理を言っているか、その他のものを劇的に削っていることを考えると、フェアな商品であるとは言えないと思います。確かに、安く買うことは購入する側にとっては得な話ですが、それで職人さんや素材などをケチられては愛する日本のためにもなりません。

ここは、サッカー日本代表を無償の愛で応援するのと同じ気持ちでオーダースーツをつくりましょう!

おすすめのテーラー

今、もっとも人気があると言われているのが、麻布テーラーさんでしょう。メンズ雑誌への大量の広告など、先端のプロモーションを併用しながらお洒落な雰囲気を作り、うまくトレンドとマッチしたスタイルをクリエイトされています。若いお客さんも多く、研究と向上心もある企業だと思われます。(よいという方が多ければ多いほど、嫌という方も多いので判断は分かれるとは思いますが、)個人的にも日本製である程度低価格なスーツならここがおススメです。ちなみに、オーダーと書いていますが、イージーオーダーやらパターンオーダーやらいろいろなオーダーの種類がありますが、麻布テーラーさんはパターンオーダーのようです。このオーダーの種類の説明はまたの機会に・・・。

更に、上級を目指す方は、アルデックスのスーツがおススメです。愛知県に工場を構える老舗企業ですが、その妥協しないイタリアン・クラシカルなスーツ作りは、尊敬すらできる姿勢だと思います。着て間違いのないスーツを作られていると思います。

その他にも、きっと各エリアごとにいいお店はたくさんあると思いますが、ここでの紹介は、工場中心にその販売店舗と言うことを念頭に紹介いたしました。

比較的敷居の低い麻布テーラーさんや老舗のアルデックスさんに、少し行きづらい方や近くに無い、事前にオーダースーツのパーツの選び方などを学んでおきたい方には、オンラインもおススメです。テーラーの極意は、採寸にあるのでオンラインではできるはずが無い!と言う方も多いとは思いますが、まずは気楽に考えてフィット感の高いスーツを作るという目的を達成するのであれば、オンラインも悪い選択肢ではないと思います。詳細は、初めてのオーダースーツを通販でも参考にご覧にただければと思いますが、前述もしましたが価格帯が70000円前後のオーダースーツは、パターンオーダーやイージーオーダーです。このことを考えると難しく考えずに、気楽に考えていいと思います。

まずは、オンラインでオーダーの考え方などを学ぶこともできる「シュールムジュール」はおススメです。一般のホームページと違い、選択したアイテムの一つ一つに説明も出るので、街のテーラーに行った時も用語などを含め困ることがなくなります。また、価格的にも参考となるので、その店舗が安いか高いかの比較にも活用できます。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です