HOME>よくある失敗例
よくある失敗例
オーダースーツ、オーダーシャツなどをお作りいただいたお客様の中で、よくある勘違いなどを記載しています。なお、「よくある」とは書いていますが、実際の発生は第1位でも1%に満たない数字ですので、多くはありませんが、下記のようなことにご注意いただければ、オンラインでありながらフィット感の高いジャストサイズのスーツやシャツが完成します。

    シャツの裄丈と袖丈の間違い
    サイズに関しては、各社いろいろな考え方と測る方法が存在します。SUR MESURE by FIRST EXPERIENCEでは、できる限りジャストフィットを簡単にお測りいただけるように、裄丈ではなく袖丈での採寸をお願いしています。日頃、シャツに詳しいお客さまは裄丈の方が馴染み深いため、裄丈で入力される場合が多いようですが、ご注意ください。

    袖丈の採寸
    袖丈の採寸

    よく表示されている裄丈は、肩幅の半分(1/2)+袖丈です。